私の胸の小ささを男性が許容できるかが本当に悩み

breast-88941_960_720

とにかく異性の男性に知られて、とういうか男性として意識した人に知られて嫌になるのは、やはり女性としてのシンボルが小さいところです。
知られてというか、服の上からもなんとなくわかるでしょうけど、改めてブラジャーのパッドを外した時に訪れる衝撃に、お相手が耐えられるかどうかって話です。

そありゃ、いい風に見られたいし、ウゾはつきたくないのですが、ファッションだったりそういうので、パッドをしている時なんておおよそ365日です。
その中で裸の付き合いになって、「あ〜、そうか」、みたいな反応されると凹みます。
確かに男性と違って女性は嘘をついている外見が多いのです。
だって男性って初対面から情が湧くまでは外見重視なのですから。
女性はそのあたり、本能的に知っていて、結婚するまではみんな頑張って、メイクして顔変えて、パッド入れて胸おおきく見せて頑張っているのです。

多くの男性がそれに情が湧くまでは耐えられない。
そんなだから私も小さな胸を誰にもさらけ出したくないのです。
私の嫌なコンプレックス。
女性としてのわかりやすい箇所がふくよかでないことが一番のコンプレックスなので、どうにかして改善、もしくは男性に理解を求めたいなって思うところです。

いい年なのに魚も上手に食べれない自分に幻滅

SAYA151005158392_TP_V

私は食べ方が汚いこともコンプレックスの1つです。
特に焼き魚が苦手で、焼き魚を上手に食べることができません。
自宅でも練習しますが、なかなか上手くできないので、落ち込みます。
もちろんのことですが、女性が料理を綺麗に食べることができれば好印象だと思うので、自分のマイナスポイントだなと感じています。

以前魚の食べ方で嫌な思いをしました。
食事会での出来事です。集団お見合いのような形だったのですが、料理の中に焼き魚が出てきました。
綺麗に食べようと心がけていましたが、緊張していたこともあり、やはり上手に食べることができませんでした。

さらに追い討ちをかけるように、隣の友人がとても綺麗に焼き魚を食べていたのです…友人と私のお皿を見れば一目瞭然で、私のお皿は汚かったです。
焼き魚の食べ方について、男性から「食べ方汚いね」と言われることはありませんでしたが、きっと男性たちに心の中で「この女焼き魚の食べ方汚いな…」と思われているだろうと考えると泣きたくなるほど恥ずかしかったです。

これから先も職場での食事会や、何かの節目の食事会などでも焼き魚を食べる機会はあると思います。
これ以上嫌な思いをしないように、マナー教室などに通って練習しようかなと考えています。

コンプレックスも医療脱毛の痛みには耐えられなかった情けない私

TAKEBE160224530I9A0327_TP_V

都内で働くようになってからお金にも余裕が生まれ、
改めて医療脱毛をすべく、自由が丘にある某クリニックに行きだしました。

痛みにも耐えようと思って行きだしたわけですが、
どうしてもVIOの脱毛の痛みには耐えきれずに途中解約で逃げてしまったことがあります。

やる前からデリケートゾーンは痛いですよ、
って言われていたし、ネットでもそういう人の声は見ていました。

でもこのコンプレックスは何としても改善したい!と思っていたので耐えようと心に決めるも、
涙が止まらないくらいに痛く、麻酔をしたんですがギブアップ。

やっぱり1回目、2回目ほど痛く、
あとはだんだんとマシになるんですがそこまで我慢が効きませんでした・・・。

サロンは過去に行っていたのでもっと強い効果が欲しい!と考えた結果がコレ。
さすがにちょっと情けなくなりましたね、この時ばかりは。

いくら直したいという気持ちがあっても痛みには耐えられないと知った私でした。

これは数年前のことなので追加で書いておきますが、
医療脱毛であれば自由が丘で無くてもむしろ他のターミナル駅のほうが良いですね。
クリニック系はそういうところのほうがよく開院しています。

自由が丘の脱毛はサロン系のほうが数も多く、
医療脱毛はちょっと高めでセレブ用って感じになっているっぽいです。

※脱毛時の麻酔について
以下補足になりますが、麻酔は効かない場合もあるので要注意です。
HP上の記載で、痛くない!とか麻酔があるからOK!とか、、、ちょっと誇大じゃない?と思う時があります。
不安な部位は絶対にお試し照射をしてもらわないと泣きをみますよ!
参照:脱毛で麻酔してもほとんど意味がない理由

お腹にできた横シワが恥ずかしい

AL001-1onakaganattayo20140830_TP_V

わたしはお腹がコンプレックスであまり見られたくありません。

ものすごくお腹が出ている、というわけではないのですが(出ているときもありますが・・・)
普段の生活で体育座りの姿勢で過ごすことが多くて
お腹に横シワができて消えなくなってしまって、恥ずかしくて出せません!

水着とかもビキニは着たくありませんし、でも最近の水着ってほとんどビキニばっかりで
みんな「痩せなきゃ」とか言いつつ、ビキニ着れるんだったらいいじゃないと思ってしまいます。

以前付き合っていた彼氏が、その当時なぜか体を鍛えていて海に行きたがり、
ネットで勝手にわたし用の水着を選んだりしていたことがあって
「今太ってるからそんなの着ません!」と断ったのですが、実は肉というよりシワがイヤでした。

服を脱がなければいけない状況のときも、おっぱいよりお腹のほうが無意識に気になって隠してしまいます。
上と下どっちを優先して隠したほうがいいのか、と聞かれたら、わたしは真ん中と答えたいです。

でも体育座りは完全にクセになってしまっていて、これを書いている今もその姿勢で書いています。
デスノートのLみたいな感じで椅子の上でもあの格好です。
特に「シワがあるね」と言われたことはありませんが、けっこうコンプレックスです。

※参照:姿勢が悪いせいか、おなかに横方向の線が有ります・・・

MARCH以上の学歴は意外と邪魔になることも多いんです。

lancing-college-797155_960_720

嫌味に思われるかもしれませんが、
私が特に異性に知られて嫌なコンプレックスは
都内の俗にMARCHと呼ばれる偏差値以上の大学卒業という学歴です。

以前、交際していた1つ年下の高卒の彼がいたのですが、私の学歴が高いということで、
私自身の就活中は「この会社は俺の給料よりお前の初任給が高い!俺のプライドが!」と
よく難癖をつけられたのを覚えています。

初任給でプライドが立たないだけならまだかわいいほうだったのですが、
だんだんエスカレートしてきて、あることないこと私の学歴にいちゃもんをつけてくるようになりました。

「○○大学出身だからチャラいんじゃないか」とか、「○○大学出身だから家事ができないんだな」・・・などです。
結局私も早々に見切りをつけて、すぐに別れました(別れるのにも一苦労あったのですが)。
今は、女性の学歴なんて気にしない、むしろ「確かに学歴はすごいけれどちょっとドジでおっちょこちょいな私」を
学歴云々ではなくすべて受け入れてくれるような夫と出会い、結婚できているので幸せです。

男女平等参画社会が謳われて久しいですが、今にして思えば、元彼が悪かったのではなく、
「女は男より下が当たり前」、こういった社会が産み出したコンプレックスなのかもしれません。

正直、今でも自分の出身大学を男性に言うときはかなり勇気を振り絞らなければなりませんから。

※結局、学歴なんてあっても無くてもマイナスに作用することはあるんですけどね。
こんな感じ⇒高学歴女子は非モテか!? 学歴コンプレックス事情【女性編】

自分の足の太さが最高に嫌い!

fashion-601557_960_720

身長、体重と標準値で少し大きめのバスト、バストの割に小さめのお尻。
とスタイル的にもなんも問題もない私ですが、足も好きではありません。

それもふくらはぎは目立って太い。
足首や太ももは一般的なんですが異常なほど太いふくらはぎ。

ロングスカートならわからないですが職場は制服でミニではなく微妙な長さのスカートな為
余計にふくらはぎは目立つようで、「お前カラダの割に太い足だな!!」とストレートに言われます。

上半身だけ見ても痩せて見えるくらいらしいのですが足で残念・・・
と聞こえてきそうで夏場も椅子に座っているときはひざ掛けをしてしまいます。
初対面の人でも顔をまず見て、徐々に視線が下に行くときには逃げたくなります。

先日ちょっと気になる人に、君の足だけはタイプじゃないや!って言われたことが輪をかけてショックでした。
鍛えた方がしまっていいのかと思い筋トレもしてみましたが
筋肉になり余計に太くなったような、ラップで汗をかいて締まるようにと思いましたが筋肉はなかなか落ちなく、太いままです。

お前って意外と足だけ太いよな!っと言葉が一番心に刺さります。
コンプレックスにせずチャームポイントにとも思いましたがさすがにふくらはぎに太さがチャームポイントにはならないようです。

人にはバレにくいけどこのいい加減さは自分でも嫌になる!

私のコンプレックスはいい加減なところです。

自分の部屋は特に分かりやすくて部屋自体は整頓されていると遊びに来る友達は言いますが
クローゼットや引き出しを開けると大変な乱雑ぶり。

一度着たものは臭わない限り何度も着る事はためらいませんし、
賞味期限が切れていても臭いが大丈夫であれば平気で食べます。
お風呂のタオルは毎日お風呂に入りますが週1回洗うか洗わないか・・そんな感じで生活しています。

見えるところはきれいにして自分しか見えないところは片づけない、
時間を有意義に使うのが私の性格です。

それは仕事場にも見られていて自分のデスクや共有スペースにおいては出来る限りきれいに整頓し、
片付いて無ければきれいに見えるよう整頓します。
その様子を見ているため同僚には「○○さんはきれい好きだね。」とか「片づけられる人は立派だ」など褒めてもらっています。

・・が見られることが無い引き出しは付箋や印鑑・頂いている名刺が散乱していて目的の物を探すのがやっと・・

丁度、私の座っている場所も背が壁で引き出しのある反対側も壁なんです。
ですから見られることは全くない状況。
誰もそんな様子とは知られていません。

今のところ「しっかりキチッとした性格の女子」と思われているようですが全く違うのに~と心の中で叫んでいます。
そしていつかこの事を知られてしまうとどうなるのかが不安で心配です。
せっかく皆は良い印象を持ってくれているのに。

コンプレックスに拍車をかける迷惑行為、なんなのアレ(怒)

BL010_kuzu20140810215138_TP_V

男性の人が女性の顔以外で体で見る部分は脚と胸。
何で、そんなに見るのか分からないけど、見られてるコッチは不愉快だし気持ち悪い。

正直、私は胸も大きくないし脚も細くないから見られるのは正直イヤなんです。

元々、骨太だから痩せても大して脚は細くならないってこともコンプレックスの一つだから、ミニスカートは履かないんです。
と言うか履かなくなりました。
男性の視線が気になり履けなくなったんです。

ジーッと見るあの視線がホントに嫌!
どうして、そんなに見る必要があるのかが不思議です。

コッチは足が太いこと胸が小さい事を気にしてるのに平気でいう男性の気も知れません。
私の性格上、言っても大丈夫だろうと思っているんでしょうが、
どんな女性であれ自分が気にする事を言われたら女性は傷つくんです。
それは男性でもあると思います。

過去に会社の飲み会で
別にミニスカートではないんですがロングの前開きファスナーのワンピースを着ていった時に酔った上司から、嫌な一言をいわれました。
その服は、すぐ脱げるように着てきたの?

誘ってるの?と言われファスナーに手を掛け下げようとしてきたんです。
いやいや、やめて下さい。と嫌がっていたら近くに居た別の上司が助けてくれたので良かったのですが、
こんな事じゃ好きな服もろくに着れないです。

遺伝が悪い?毛が濃くて昔から嫌だった。

私は本当に子供のころはこの体毛(剛毛)で悩みました。
人よりも速いと思いますが、小学校時代から毛の濃さを恨んできました。
これが一番深く付き合ったコンプレックスだと思います。

幼心に「自分は人よりも身体の毛が濃い」と感じており、小学生になるとそれが目立つようになりました。

夏場なんて最悪です。
上は半袖、下は短パンなのでただでさえ気にしている体毛が、人前で露わになる季節。
自分の親も心配するくらいでした、「女なのに毛が黒いわね~、これって男性ホルモンが多いんだって」と。
その言葉に傷ついた乙女心は図りしれません。

成長したら女性ホルモンが増えるから心配しなくていいと言われても納得できず、
大人になるまで待ってられないと悶々としていたのを覚えています。
よく周りからジロジロ見られてホントにもう苦痛でした。
小学生~中学生の時はズバリ剃ってました。他に方法が思い当たらなかったので。
高校生になるとバイトで貯めたお金で初めて「脱毛テープ」で初脱毛し、痛かったですが、2、3回すると痛みも慣れて、処理後は身も心もスッキリでした。

大学に入ってからはバイトもしたので脱毛サロンへ。
幸い実家暮らしでお金も余裕があったので通えました。
というか、そのために一人ぐらしを諦めたくらいです。

生まれも育ちもずっと神奈川県の平塚、というところだったんですが、
横浜と比べても全然脱毛サロンもなかったですが通わないよりはマシですし、
1年くらい、回数にして5回くらいはやりましたね。

今なら平塚にもミュゼプラチナムなどが出来ているみたいですし、
世代が1つ違えば私も平塚での脱毛でも満足できていたかもしれませんね。

でも当時は脱毛の技術も弱かったせいか、はたまた自分の毛が濃すぎたせいか大した成果もなく終わりました。