コンプレックスも医療脱毛の痛みには耐えられなかった情けない私

TAKEBE160224530I9A0327_TP_V

都内で働くようになってからお金にも余裕が生まれ、
改めて医療脱毛をすべく、自由が丘にある某クリニックに行きだしました。

痛みにも耐えようと思って行きだしたわけですが、
どうしてもVIOの脱毛の痛みには耐えきれずに途中解約で逃げてしまったことがあります。

やる前からデリケートゾーンは痛いですよ、
って言われていたし、ネットでもそういう人の声は見ていました。

でもこのコンプレックスは何としても改善したい!と思っていたので耐えようと心に決めるも、
涙が止まらないくらいに痛く、麻酔をしたんですがギブアップ。

やっぱり1回目、2回目ほど痛く、
あとはだんだんとマシになるんですがそこまで我慢が効きませんでした・・・。

サロンは過去に行っていたのでもっと強い効果が欲しい!と考えた結果がコレ。
さすがにちょっと情けなくなりましたね、この時ばかりは。

いくら直したいという気持ちがあっても痛みには耐えられないと知った私でした。

これは数年前のことなので追加で書いておきますが、
医療脱毛であれば自由が丘で無くてもむしろ他のターミナル駅のほうが良いですね。
クリニック系はそういうところのほうがよく開院しています。

自由が丘の脱毛はサロン系のほうが数も多く、
医療脱毛はちょっと高めでセレブ用って感じになっているっぽいです。

※脱毛時の麻酔について
以下補足になりますが、麻酔は効かない場合もあるので要注意です。
HP上の記載で、痛くない!とか麻酔があるからOK!とか、、、ちょっと誇大じゃない?と思う時があります。
不安な部位は絶対にお試し照射をしてもらわないと泣きをみますよ!
参照:脱毛で麻酔してもほとんど意味がない理由